人気ブログランキング |

<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ちょっと訂正が有ります。

桜もそそと咲いていて、ぽかぽかとしていてうかれていましたら・・・。

今朝の(4月28日付)道新の折込み、joy-full life という紙モノに載っている百閒の記事について間違いがありますので訂正したいと思います。

営業時間

(誤)15:00 - 2:00

(正) 15:00 - 23:00

この記事……。
事前に取材があったわけではなく、配布前日に印刷されたものを手に、営業の方が「承諾」と「確認」にこられまして、その流れで誤植が見つかりました。
当事者の意向なしで情報の掲載というものが有りうるのかとこの一連の事態にどう対応していいやらがく然としました。印刷物というものの作られる経緯、その質の低下を何と言っていいか…。
もちろんすべてがそうとは思わないけど、こうした流れで情報が作られていることに、印刷物に関わってきた一人として憤りを感じた出来事でした。
c0059462_255375.jpg

今朝の道新でも訂正してもらいましたが、あらためて書いておきます。


深夜2時までは営業していませんよー!


わたしは、営業時間は、店とお客様との間の大切な「約束事」と思っているので守ります。
(22:30を過ぎてもお客様が居ない場合は、ラストオーダーだよなとシャッターを閉めていることもたまにありますが。)
いや、逆に23時過ぎても、こうこうとむんむんといや、しっぽりと灯りが点っている時もあります。
ですがですが、
深夜2時までは営業していませんよー!

ここに訂正させてもらいます。お願いします。
by book_cafe_note | 2015-04-29 02:12

妄想小説と珈琲

blogを放置しすぎて1カ月以上…(ごめんなさい…。
商売はゆるゆるですが、わたしは元気です。春ですしね。
みなさんは、どんな4月を迎えていますか?
ハコダテは、おそらく今年は早い開花と思われる桜を心待ちにしている人たちの、春を迎える気分で溢れている感じがします。
長い冬があってこその春♪ わたしも好きな季節です。山菜もおいしいですしね。
ハコダテの桜が咲いたら、またお知らせします♪


さて、百閒の近況を少し。

twitterやfacebookなどでちらっと書いていましたが、数週間前から『百閒の妄想小説』なることを始めています。
なにそれ?
はい、お客様たちによる、いわゆるリレー小説です。
「その男は、万年橋の下に住んでいた。――――――」
が、妄想小説の冒頭の一文。
そこから、お客さまたちの妄想が書き加えられていき、今の時点では、なんだか妙にドラマチック展開になってております。笑 
すでに10名以上のセンセイたちの手による妄想ではあるのですが、この段階では、物語がわりと大きく崩壊せずに(小さくうろうろとは方向が定まりませんけど…)進んでいます。
一人で深く集中し書いていくセンセイ。数人で「この展開だと救いがないよね・・・」と議論しながら、数行を書いていくセンセイたち。いろいろです。この過程を、「家政婦は見た」状態でこそっとたのしんでいる店主です。

上手くいったら製本する予定でいます。・・・そして、製本された本は 「百閒客人/著」 として11月に毎年開催される『世界に一冊だけの本展」に出品・・・それをたまたま偶然に見た東京の大手出版社に勤める編集者(休暇でハコダテに来ていた)の目にとまり本格的に書籍化決定・・・某TV番組でピース又吉に書評され大型書店で軒並み平積み・・・映画化の話が決まり・・・というあたりまで、一部で妄想が暴走しております。藁
大テーブルにある“大学ノート”がそれです。みなさん、ご来店されたらぜひ手にとってみてください。あ、いや、一筆、妄想していってください。


そして、百閒の珈琲のこと。
おいしいと褒められることが多くてうれしいです。ありがとうございます。
いや、しかし、ほんとにおいしいのです。まあ、味の好みは個人それぞれなので、きっと店主と嗜好が一緒の方が喜んでくださっているのかもしれませんが。
百閒のブレンドに使っている豆は、富岡町に工房のあるhandpickが焙煎してくれています。
オープンを目の前にブレンド用の豆を調合してもらったのですが、わたしの希望する「ほどよい苦味とコク、香りと余韻も」という、わがままなリクエストをものすごく的確に理解してくださり、好みのブレンドに仕上げてくださいました。いつものように小躍りしたのはもちろん、末長く大事に淹れていきたい店の味になりました。
以前の店の時から、ハンドドリップで珈琲を淹れたいと思っていたので、それが叶ってうれしく、珈琲のオーダーをいただくと心の中でほくほくしてます。そしてミルとドリッパーを目の前に、深~く呼吸をして立ちます。豆の味わいを存分に活かしながら淹れられるかどうかは店主の役目ですもんね...。こちらは、日々精進です。

で、ブレンドもさることながら、焙煎士ヨネタ氏お勧めのシングル豆も仕入れることにしました。ただいまは「ブラジルアロマショコラ」。こくっとした余韻がたまらない一杯です。
配達があるたびに「今週は何かなぁ」と心待ちにしているのは、たぶんほかならぬ店主自身かもしれませんね。
ブレンドもシングルも、どちらもぜひ一度♪  
珈琲を片手に妄想するなどなど、ゆるりと至福の時間を味わっていってください。

c0059462_1295138.jpg
c0059462_1302547.jpg

by book_cafe_note | 2015-04-17 01:46