人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

つれづれ

c0059462_229912.jpg
いわゆる、カフェ好きには好まれない店なのだろうなあと思います。カフェとしての要素が少なすぎるので。
各メディアにnew open で紹介してもらったのは光栄なのですが、カフェとして来られた方、酒場だと思って来れられた方にはどこか物足りないものがあったかもしれません。本好きにもね...。

カフェではないです。
かと言って酒場でもないです。
喫茶店でもスナックでもないです。
で、本屋でもないわけです。
でも、その全部でもあります。あろうとしています。
(あ、つまり、かなり中途半端ってことか。

「百閒」は、やはり、最初に看板を上げたように“本と珈琲と酒”なんだと思うのです。そのいずれかのワードに惹かれ来店してくれたお客様は、どこかで小さく満足感を味わってくれ、2度3度と顔を見せてくれるのだとこの2カ月で感じました。
もちろん、珈琲以外にもこだわっている飲み物もありますし、お酒も小皿もそれなりにあります。本棚だって充実させていきたいと考えています。
が、それははたして商売として成立するのか――。まあ、それは、今後の店主の裁量にかかっていますね...。
がんばっていきたいと思います。


そして。
なぜに、blogが以前のようには書けずに滞るのか…。怠慢か…。
はい、気づきました。
それは、お客様とのおしゃべりが激しいからなのです。しゃべりこむわけです。
洗い物もせず、仕込みもせず…。
雇われている身ならば、私語が多すぎてとっくにクビでしょう。笑
で、それははたして商売として成立するのか――。まあ、それは、今度の店主のもろもろの段取りにかかっていますね...。
がんばっていきたいと思います。


とまあ、まだまだ、未知な「百閒」ですが、どうぞどうぞご贔屓に。


なにより窓の向こうにちらほら雪が降っていても、来店してくださるお客様がいてくれること、店主は暖房要らずだわーと叫びたいほど(もちろん要るのだけど)、あったかくうれしいことです。
by book_cafe_note | 2014-11-16 02:25

オープンして2カ月。

・・・あっという間でした。


ただいま腹ごしらえを終えおしゃべりをしているお客様たちが一組。昼間にいただいた銀杏をストーブで炒っておすそ分けしたら、ちまちま剥きながら食べながら笑っています。今日はそんな日です。
そして、宮前町での営業はなんだかしっくりしすぎて、もう以前からずっとここにいるかのような顔をしているわたしです。

twitterやblogでつながっていてくれたお客様たちが開店を知って立ち寄ってくれたのはもちろん、店の灯り越しに見える本棚に惹かれて立ち止まってくださる方がいたり、市内のメディアがそれぞれに、ありがたくも「new open」で店を紹介してくれ、記事を見たと見知った顔が来てくれたり電話をいただいたり(店主、自分自身が露出するのは長い間止めておりましたが、こうして以前の店のお客様たちに開店を伝えられたので「えいや」と重い腰を上げてよかった!)。
みなさん、おひさしぶりです。そしてはじめまして。

古い建物を良しとする人、そうじゃない人がいると思います。入り口の引き戸も改装せずに立て付けを直しそのままにしたのですきま風ありますしね。トイレも旧式のものに乗せて乗せてウォシュレット仕様にしたのみ。で、ここもすきま風が。とまあ、要所要所にいろいろと不便も多くあります。それでもオープンから2度3度来てくれるお客様がいてくれるのはありがたい限り (このうれしさは店主にしかわからないだろうなぁ。
ありがとうございます。

と、そろそろご挨拶もひと段落したので、このゆるっとした時間にマイナーチェンジとグランドオープンに向けての準備をしています。
「百閒」はどんな店になっていくのか、「百閒」をどんな店にしていくのか――、宮前町まで足を向けてくださるお客様のニーズを探りながら、かつ自分の志向の向かうところはどこか、と両方の眼を持って店を作っていきたいと思っているところです。
まあ、「ゆったり過ごしてもらいたい」という思いは以前から変わらないのですけどね。

店のPCが復活したので、また暇な時間にblog書きます(くれぐれもサボらないように,,,!



#写真はおすそ分けしてもらった亀田八幡宮の銀杏。おいしいおいしい♪
c0059462_20564719.jpg

by book_cafe_note | 2014-11-07 21:05 | +日々